ベルタ葉酸サプリ 妊娠初期 体験談

ベルタ葉酸サプリ 妊娠初期 体験談

出産時の記憶に一番強く残っているのは、病院でのことです。朝からお腹が変だなぁと思いつつも、予定日を過ぎていたのに、のんきに構えていた私。昼の12時ごろになってじょじょに痛みが増し…病院に連れて行ってくれるはずの母に慌てて連絡。電話口では、だから実家に来ていなさいっていったのに!!と怒られました。でも、一人で過ごせる自宅の方がゆっくりできるんだもん、と言い訳しつつ、母の到着を待っていました。

 

しかし、陣痛の痛みってもう、なんと表現していいのか、表現できないくらい痛いです。波があるので、ずっと痛いわけではありませんが、私は痛みをごまかすためにひたすらテーブルの足をたたいていました。じゃないと、もう誰に八つ当たりをしていいのか、わからなかったんです。

 

そして母の到着後、病院へ。陣痛は順当といわれつつ、分娩室に入ったのは夜の八時です。そして、出産のタイミングをまっているときに、先生に電話が。「入院しているかどうかとか、こちらから教えることはできません、病院に来ていただいても入ることはできませんよ」と、何度も先生が応対していました。どうやら、入院をしているかなどしつこく電話が来ていたらしく、先生が忙しいときにっ!とか怒り狂ってました。なんだかその応対や結末が気になって、分娩台に乗っている私の気がまぎれ、あっというまに子供が生まれました。子供はちょっと大きめでしたが、安産でこんなに頼りなく、小さな生き物なのだと驚きました。私の胸にくっつく姿はとても可愛らしく、陣痛の苦しみはすぐに忘れていきました。

 

ただ、やはりあの電話のことがずっと気になっています。先生にも聞くことができずにいたので、いまだにわが子の生まれた感動と一緒に強く印象に残っています。あれは誰だったんだろう。今となってはもうわかりません。おかげで分娩時に気が紛れたのでよかったような気もしますが。何はともあれ、無事に出産を終えることができたのでよかったです。